バンドソーとは、帯(バンド)になったノコ刃(ソー)を回転させ、金属や木材などを切断する工具です。直線だけでなく曲線にも使え、厚みがある材料もしっかり切断できます。通常の糸ノコと違って刃が一定方向に動いているので、綺麗な断面に仕上がります。

バンドソーは切削時の木屑が少なく、他の電動工具に比べて音が静か。また、刃の速度が低速なため、火花がほとんど飛ばないというメリットがあり、女性にも使いやすい電動工具です。

低振動で金属用と木工用がありますのでご注意ください。

バンドソーの選び方

切断能力と材料で選ぶ

バンドソーは、刃の幅によって最大切断能力が決まっています。最大切断能力を上回る材料の切断はできません。

充電タイプは切断能力が低めになり、卓上型や据置型では切断能力が高めで、製品によっては鉄や真ちゅうも切断可能です。切断したい材料のサイズを確認し、余裕をもって切断できる製品を選んでください。

材料が木工だけなら木工専用で十分ですが、金属加工をする予定があれば、必ず金属用の製品を選びましょう。木工専用であってもアルミなどの柔らかい金属は加工することができますが、メーカーが推奨していない方法なので故障の原因となります。

替刃が手に入りやすいモデルを選ぶ

バンドソーの刃は柔らかく、消耗が激しいため、使用頻度によっては取り替えることが多くなります。

消耗品なので、初めから替刃をストックしておき、異変を感じたらすぐに交換できるようにしておくのがベストです。製品によっては専用の替刃が入手しづらい場合があるため、事前にメーカーや通販サイトで替刃が販売されているかをチェックしておきましょう。

マイナーな機種では替刃が入手しにくい場合がありますが、大手メーカーのバンドソーなら替刃も簡単に手に入るため安心して使えます。

コードレスか有線かで選ぶ

バンドソーの電源は、AC電源式と充電式の2種類があります。

AC電源式は常に電源供給を受けるため、高い精度でパワーがあり、長時間の使用が可能です。充電式はポータブルタイプのみで、AC電源式に比べて安定性やパワーは劣りますが、コンセントなどの電源供給がなくても使用できるため、屋外での作業に向いています。

最近は、作業スペースを問わないポータブルタイプの普及が進んでいますが、きれいに加工したいときは据え置きタイプ、または、持ち運び可能な据え置きに近い卓上タイプを選ぶほうがいいでしょう。一部の機種は三相200Vを使用します(家庭でも簡単な電気工事を実施すれば使用可能)。

バンドソーの使い方

材料をしっかりと固定する

作業をする時は、クランプ、万力などで材料をしっかりと固定し、材料がはね跳びや、はね返りをしないようにして下さい。

固定が不十分な場合は、材料がはね返ったり、ブレードが破損したりして事故や故障の原因になります。また、固定することで安全に両手バンドソーを使用することができます。

切断はゆっくりと、軽く押しつける程度で行う

スイッチを入れて回転が安定したら、ブレードに衝撃がかからないよう、ゆっくりと材料に近づけ切り込んでください(材料にブレードを載せた状態でスイッチを入れないよう気をつけます)。

切断はバンドソーの自重か、軽く押しつける程度で行ってください。切断中に押えすぎたりブレードをこじったりすると、切断面が傾斜したり、ブレードの歯欠などの原因になります。切り終えるときは、持ち上げ気味にゆっくり切り終えましょう。

バンドソーのコツ

・刃を材料に当てた状態でスイッチを入れない。刃の回転が安定してから切り始める

・切断はゆっくりと、軽く押しつける程度で行う

・切り終えるときは、持ち上げ気味にゆっくり切り終える

バンドソーを条件で比較