卓上マルノコは台座にマルノコが据え付けられた形で材料を切断する工具です。マルノコが据え付けられていることで正確なカットが可能になります。

また、卓上マルノコにスライド機構が付いて、より幅広の材料を切断できるタイプを「卓上スライドマルノコ」と呼びます。材料をしっかり固定すれば、誰でも狙い通りのまっすぐな切断が可能なので、初心者にとってはマルノコよりも扱いやすい工具といえます。

卓上マルノコの選び方

ノコ刃外径や最大切込み深さに注目

基本的にはこのノコ刃のサイズで切断できる材料の厚さが決まるので、マルノコを選ぶ時にはまず第一にチェックしたいポイントです。マルノコではこの性能を「最大切り込み深さ」として、製品仕様に表示されています。

数値が大きい製品は大きいチップソーを使うので厚い材料でも切ることができます。マルノコの刃により切断できる厚さが変わるのは、手持ちの丸のこでも同じです。

搭載されている機能で選ぶ

手元を照らすLEDライト、切断する部分が分かりやすいガイドレーザー、スイッチを離したらノコ刃の回転が止まるブレーキ機能、回転数を自動で制御する電子制御機能など、卓上マルノコにはさまざまな機能が搭載されています。多機能な製品なら、使い勝手が良いです。

上位機種は価格面がネックですが、求める機能が多い場合には、機能を優先した卓上マルノコ選びをすると良いでしょう。

プロ用かDIY用かで変わる

卓上マルノコに限らず、電動工具を選ぶ際にはどちらを選べばいいか迷うと思います。

結論から言いますと、家庭での使用ならDIY用で十分です。なんといっても本体がプロ仕様に比べて安価ですし、必要な機能は備わっています。業務で使う場合はプロ用を選択するとまず失敗がありません。

結局は予算との相談になりますが、予算内で一番性能のいい卓上マルノコを比較して選びましょう。

卓上マルノコの使い方

ダウンカット

刃を下におろして切断する技法で、細い棒材などの切断に最適です。

切断する材料をガイドフェンスにしっかり密着させ、ノコ刃の回転が安定してから、上から下にゆっくりと下ろし切断します。材料を切り終わったら、その位置でスイッチを切り、ノコ刃の回転が完全に止まってからハンドルを上げます。

切断中に途中で止めると、切断面に傷が付いたり精度が悪くなるので一気に切断しましょう。

スライドカット

刃を前後にスライドさせて切断する技法です。

幅の広い材料を切断する場合には、スライド軸の固定を解除して使用します。回転するハンドルを手前に引き寄せ、下におろして材料に刃を入れたら、そのままフェンス方向にスライドさせます。

スライド切断の途中で力の入れる方向が変わると切断精度が悪くなるため、一定の方向に力をかけてください。フェンス及びベースに押しつけることを特に意識しましょう。不安定な場合には、必ず固定バイスを使用しましょう。

角度切断と傾斜切断

ターンベースの角度を調整すると、材料の角度切りが簡単正確にできます。角度設定は、目盛りを希望の角度にセットするだけで完了します。

また、アームに傾斜を付けた状態で固定することで、傾斜のついた切断が可能です。傾斜切断を行う場合は、ハンドルを垂直方向に下げるのではなく、ノコ刃の傾斜と平行になるように力を込めてください。

卓上マルノコのコツ

・ゆっくりスライドさせ、途中で止めずに一気に切断する

・刃を材料に当てた状態でスタートしない。刃の回転が安定してから切り始める

・刃の角度や高さを調整する際は必ずコンセントを抜く

卓上マルノコを条件で比較